毎日開館
10 時〜 18 時











 
 






展示 は 、「 スラヴ 叙事詩」 をのぞくアルフォンス・ミュシャ ( 1860 – 1939 )の造形作品の総覧となっています。とりわけ、世界に知られるパリ時代( 1887 – 1904 )に焦点が当てられています。 サラ・ベルナールのために作成された最も知られているポスターをはじめとする全般にわたるポスター群、特徴的な装飾パネル画、「装飾資料集」( 1902 )より図版、パリ時代のスケッチブックなどをここでは展示しています。

その他の装飾品、彫刻、そして書籍作品は、ショーケースに納められています。特別コーナーは、 晩年、 1910 年〜 1939 年のチェコ時代に制作されたポスター、そしてドローイングや油彩画から構成されています。決して 無視できないのが、ミュシャのプラハとの関係です 。展示の最後を飾るのが、 オリジナルの家具によるミュシャのアトリエの再現、ミュシャの家族の写真、そしてパリでミュシャによって撮影されたアトリエの写真群です。
また、展示の一環として、アルフォンス・ミュシャの生涯と作品を追ったドキュメンタリ映画もあります。
ヒヤシンス姫、 1911 年、カラーリトグラフ